【GitHub】pull request(プルリクエスト)の流れ

タップできるもくじ

【GitHub】pull requestの流れ

GitHubでpull requestする際の流れを解説します。

①ローカルリポジトリにcloneする

作業するためのソースを自分のローカルリポジトリにcloneもしくはpullします。

cloneもしくはpullをすることで、自分の手元に作業用ファイルとしてコピーすることができます。

GitHubのpull requestする対象のソースのページで、「Code」をクリックするとURLがでてくるのでコピペします。

「コード」をタップ
「Code」をタップ

VSCodeで作業する場合は、起動して最初の画面に「Gitリポジトリのクローン」をするリンクがあるので、こちらからでもOKです。

「Gitリポジトリのクローン…」をタップ
「Gitリポジトリのクローン…」をタップ

自分のPCの任意の場所にフォルダを作って、ソースを貼り付けます。

②開発用ブランチを作成する

cloneもしくはpullしたソースのブランチをつくります。

このブランチ上で作業を行なっていきます。

以下のコマンドをターミナルに入力していきます。

git checkout -b 

これでブランチ「作成」と、そのブランチへの「移動」を同時にできます。

例えばsampleというブランチを作る場合、

git checkout -b sample 

と入力します。

③作業してpushする

作業が終わったらadd → commit → push してブランチをリモートリポジトリに上げます。

git add ファイル名
git commit -m "コメント"
git push

これで作業したブランチが自分のローカルから、リモートリポジトリに上がりました。

④pull request

ここからいよいよpull requestに入っていきます。

「Compare & pull request」をタップ。

「Compare & pull request」をタップ
「Compare & pull request」をタップ

タイトルとコメントを入力します。

タイトルとコメントを入力して、下記項目をチェック
タイトルとコメントを入力して、下記項目をチェック

さらに下記の項目をチェックします。

  1. プルリクエストするブランチに間違いがないか
  2. 「Reviewers」をタップしてレビューしてもらう人を選択する

OKでしたら「Create pull request」をタップ。

これで開発者のリクエストは完了です。

Merge

さて、ここからはレビュー(マージ)担当者の仕事です。

⑤差分のチェック、レビュー

「Files changed」をタップ
「Files changed」をタップ

「Files changed」をタップします。

受付けたソースの確認をして、問題がないかチェックします。

修正が必要であれば開発担当者にフィードバックします。

また、競合が発生していればここで解決します。

mergeする

確認後問題がなければ、mergeします。

「Merge pull request」をタップすると、晴れてmergeします。

「Merge pull request」をタップ
「Merge pull request」をタップ

マージされた後は、作業のために作成したブランチが不要であれば削除しておきましょう。

今回はGitHubでpull requestする際の流れについて解説しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる