転職したいけどスキルがない【解決策あります】

転職スキル
悩むひと

転職したいけど、なにもスキルがないよ。
自信もないし、転職するのはきびしいかな。

こんなお悩みを解決します。

転職したいけど自分にスキル自信がなくて困っているという方、僕はあなたの気持ちが痛いほどわかります。

なぜなら著者である僕自身も、過去に同じ悩みを抱えていたからです。

だけど結果的に僕は年収アップ・待遇改善の転職をすることができました。

この記事では「スキルがない」と悩んでいる方のために具体的なアドバイスと解決策を提示します。

記事を読み終えると、今後の転職活動において自分のスキルで悩む必要がなくなります!

本記事の内容
  • 「転職したいけどスキルがない」という方に解決策を教えます。
タップできるもくじ

転職したいけどスキルがない【解決策あります】

転職したいけどスキルがない【解決策あります】

20代の転職にスキルはいらない

20代、とくに20代前半の方であれば、とくにスキルがなくても転職はカンタンです。

理由は単純で、企業側も20代の求職者にはとくにスキルを求めているわけではないからです。

素直で向上心のある人間であれば、「若さだけが取り柄」で十分採用されます。

30代の転職はスキルありき

30代になるとある程度のスキルがなければきびしくなります。

理由は即戦力であることが求められるからです。

企業側も費用対効果を考えて、スキル・経験なしの30代は敬遠しがちです。

30代前半であればまだまだ未経験やスキルなしでもいけますが、後半になるとグッときびしくなります。

では30代後半でスキルのない方はどうすればいいのか。

答えは「スキルがないなら身につければいい」です。

おいおいそれだけかよ!それができたら苦労しないよ!

と思った方へ…。

「自分の人生を切り拓いていくために、ほんのチョットだけ努力しましょう」

スパルタな意見かもですがどうか安心してください、実はそんなに難しいことではないです。

自己肯定感を上げていきましょう。

こたん

自己肯定感を上げて、即行動です。

スキルがない人がやるべきこと

スキルがないなら身につければいい

悩むまえに行動しましょう。

「自分にはスキルがないし…」と悩む時間が1秒でもムダですので、即行動です。

明日からじゃなくて今日からです。

実際半年〜1年も真剣に取り組めば、どんな分野でもある程度のスキルは身につけられます。

可能性は無限にある。転職に年齢は関係ない

努力すれば年齢なんて関係ないです。

さすがに70歳を超えてからでは、健康面の理由からきびしいかもしれません。

しかし30代であればいまからスキルを身につければ余裕です。

本気で可能性は無限です。

会社に依存した働き方をやめて、個人の能力を上げる

会社に依存した働き方をすると、転職は難しくなります。

その会社でしか通用しない能力・スキルは言葉は悪いですがただのガラクタです。

よほど経営者や企業理念を愛していて、一生その会社に人生を捧げたいと思うのなら別ですが。

会社の外に出れば1円にもならないスキルが多いです。

付加価値を生まないスキルは、実際のところ社会に1円の価値も生み出していないものです。

個人の能力を上げるための仕事、勉強にシフトしましょう。

「一生働く会社選び」をするわけではない

転職についてはっきりさせておきたいのですが、「一生働く会社選びをするわけではない」ということです。

これからの時代、何度転職してもいいのです。

参考記事▶リクナビNEXT「転職は当たり前の時代に?転職に対するイメージと本音をアンケート

半年なり1年なり働いてみて、経営者の理念やそもそもの仕事内容がどうしても合わないと思ったらやめればいいのです。

堅苦しく考える必要はないです。

「経験を積むために転職をする」くらいの軽い気持ちでいきましょう。

スキルを身につけると決めたなら、優先順位を1番に持ってくる

あなたがもし「よし!スキルを身につけるぞ」と決めたのなら、ほかのすべてをさしおいて優先順位を1番に持ってくる必要があります。

現在の仕事、家庭、彼氏や彼女、趣味など色々なタスクのなかで、スキルアップのための時間を最上位にもってきます。

現実的には毎日平均して6時間くらいの時間はとりたいところです。

朝2時間、昼1時間、夜2時間+スキマ時間1時間みたいな感じで時間をつくります。

(もしどうしても無理であれば、最低でも1日4時間は時間を確保しましょう)

こたん

半年〜1年もすれば、成長を実感できます。

稼げるスキルを身につける

稼げるスキル

スキルは社会で需要のあるものでなければ意味がありません。

そして可視化できるスキルが望ましいです。

いつまでも変わらない普遍的なスキルを身につける

簿記

簿記、会計の知識は普遍的かつ不変のスキルです。

どんな分野の仕事であろうとそこには簿記が必ず存在します。

また転職の武器として使うのなら、日商簿記2級以上からが必須です。

簿記の勉強の先には、税理士や会計士の資格もあります。

学習には現在10万人が利用しているオンライン資格講座、がおすすめです。

FP(ファイナンシャルプランナー)

FPは顧客の家計改善や将来に向けた資産計画などをアドバイスする専門家です。

資格取得を通じて保険や税金、不動産などお金にまつわる幅広い知識を体系的に学ぶことができます。

税理士、社会保険労務士、宅建士などの資格と相性がよく、もちろんFP資格単体でも転職や独立に活かすことができます。

自身の営業力にもよりますが、顧客は個人・法人を問わず、現在需要の高まっている資格です。

くわしくは、FP3級おすすめ講座トップ3を本試験8割取った私が徹底的に解説!をご覧ください。

FP資格をすぐに取得できるおすすめの講座を、2級FP技能士であり現在1級、CFPを目指して勉強されているブロガーのmichi(みち)さんがわかりやすく解説しています。

英語

英語ができることは圧倒的に有利なスキルです。

TOEIC、英検などでスキルを可視化することもできます。

今後も日本は人口減が進み、日本の経済全体の規模が縮小していくことが予想されています。

こうしたなかで海外進出を図る企業が増えていることから、英語を使えるスキルの需要はより高まっています。

これから先ずっと稼いでくれるスキルを身につける

プログラミング

IT市場は今後も拡大を続け、世界的に人材不足が予想されています。

その反面、AI技術の進歩やオフショアによる競争の激化によって、一般的なプログラミングスキルだけでは生き残っていくのが難しくなります。

とはいえ市場の全体的な需要は今後も増えつづけていく分野ですので、勉強をするのは早い方が有利です。

まったくの未経験であれば、まずはプロゲートなどの無料で学べるサービスを利用しましょう。

独学での学習に挫折しそうになったら、などのプログラミングスクールを利用してパーソナルメンターのサポートを受けつつ、転職保証までしてもらうという方法もあります。

ブログ運営

ブログ運営はWebライティング、Webマーケティング、WebデザインなどWeb上の非常に多岐に渡るスキルが養われます。

またWeb、IT系の会社に転職したいと思ったら、ブログそのものが名刺代わりになります。

「こういったサイトをつくっています」

「アクセスは月間これだけあります」

というだけで、実績としてアピールになります。

もちろんブログ運営は将来会社をやめても、個人で稼いでいくことのできるスキルになります。

転職エージェントを最大限活用しよう

転職には転職エージェントを最大限に活用しましょう。

転職に関する疑問や不安を丁寧に解消し、あなたの転職活動をバックアップしてくれます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策なども積極的に支援してくれます。

登録・利用はすべて無料かつリスクゼロですので、利用しないと本当にもったいないです。

おすすめの転職エージェントはなどの大手転職エージェントです。

転職において転職エージェントが欠かせない理由は、転職を成功させるための「転職サイトと転職エージェントの違い」でも解説しています。

まとめ(スキルがなくても転職をあきらめる必要はないです)

スキルがなくても転職をあきらめる必要はない

今回は「転職したいけどスキルがない」という方のために解決策を解説しました。

解決策はシンプルに、「スキルがないなら今から身につけよう」です。

転職をあきらめる必要はまったくありません。

1度きりの人生、自分が望む生き方をしましょう!

こたん

ともに前向きに挑戦し続けましょう!

転職スキル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ
閉じる